会社沿革

昭和27年1月 前社長屶網由雄が、二宮産業(株)の一切の経営権を継承し、(株)日立製作所亀有工場の協力工場となり、千葉市寒川町にて各種建設機械および運転室の製作を開始。
昭和35年8月 各種荷役機械、鉱山用機械の大型化により、千葉市長沼町に新工場を建設(第一期事工事)、稼働。
昭和37年7月 長沼工場を増設(第二期工事)。
昭和39年4月 長沼工場を増設(第三期工事)、同時に本社を長沼工場に移転。
昭和39年11月 建設機械用運転室および部品量産化の必要により、千葉市千種町に千種工場を新設。
昭和40年9月 都市計画実施のため、従来の寒川工場を撤去、新たに千種工場敷地内に、近代化された軽合金加工専門工場を新設。
昭和46年4月 合理化モデル工場として、中小企業庁の指定を受ける。
昭和48年6月 クラウス社と多段式立体駐車装置に関する技術提携を結ぶ。
昭和48年11月 社団法人立体駐車場工業会会員となる。
昭和49年2月 パークエースが、特殊駐車装置として建設大臣の認定を受ける。
昭和50年7月 特殊駐車装置に関する特許が登録される。
昭和50年12月 千葉県知事より一般建設業者として認可、登録される。
昭和51年7月 「PARKACE」が商標登録される。
昭和53年8月 特殊駐車装置に関する実用新案が登録される。
昭和56年1月 生産増加および合理化のために千種工場を増築。
昭和57年4月 大阪営業所開設。
昭和61年4月 千種工場内に塗装工場を新設。
平成元年6月 屶網敏雄が社長に就任(現在)。
平成2年4月 中小企業庁長官より、平成2年度中小企業合理化モデル工場に指定される。
平成7年7月 「氷温庫」が氷温協会の認定を受ける。
平成7年12月 千葉県長生郡長南町に長南工場を建設。
平成9年1月 中国安徽省合肥市に合弁会社合肥二宮機械有限公司を設立。中国で建設機械主要部品の生産を開始。
平成10年7月 品質保証の国際規格ISO9001を全社・全部門で認証登録。
平成15年8月 合肥二宮機械有限公司が外商投資先進技術企業に認定される。
平成18年4月 長南塗装工場増設。
平成19年10月 環境マネジメントシステムに関する国際規格ISO14001を千種工場で認証登録。
平成20年3月 長南組立工場増設。
平成24年3月 インド Accropoly Ninomiya Industries Pvt Ltd. に関する合弁契約を締結。
平成24年10月 環境マネジメントシステムに関する国際規格ISO14001を長南工場まで認証拡大。

ホーム製品紹介会社案内採用情報お問い合わせ個人情報保護方針サイトマップ

Copyright © NINOMIYA INDUSTRIES Co., Ltd. All rights reserved.